脂肪吸引をしてから脂肪注入をするという豊胸の方法

バストアップをしたいと考えている場合、太ってしまえば脂肪で構成されているバストアップをすることは可能です。けれども、ウエストも太ることになるので胸だけ大きくなったと実感することは難しくなってきます。美容クリニックの豊胸施術では、理想のバストにするために複数の方法が用意されています。大きさを重視したいという場合にはシリコンバッグの挿入が向いていますが、ヒアルロン酸注入であれば手術をすることなく注射だけなのでより手軽です。しかし、体の中に異物を入れることには抵抗があるというのであれば、脂肪注入という方法が向いています。
注入される脂肪は自分のものを利用することになるので、まずは入れるための脂肪を他の場所から吸引することになります。つまり、太っているのが気になる場所はスリムアップをすることができ、その脂肪を活かしてバストアップができるのです。脂肪の場所を移動しただけなので安心であり、定着も良いので仕上がった理想のバストを維持することにも役立ってきます。

注意点とメリット

お腹や腰、ヒップや太ももなど自分の脂肪が気になる部分から脂肪吸引することから始まる脂肪注入ですが、この施術方法には注意点もあります。それは、もともと痩せている人の場合は十分な脂肪を取り出すことができないできない可能性があるということです。ふくよかな人であれば多めに取り出すことができますが、痩せていて、胸にボリュームを出したいという方であれば他の施術がオススメと言えます。その一方、取り出した脂肪を加工してバストに入れる手術ですので、もともと自分の体の一部である脂肪をいれるため、異物を入れることにもならず、安心して利用できるというメリットもあります。

バレにくい豊胸とは?

豊胸にはいくつかの種類があり、大きさを求めるのであればシリコンバッグ挿入という方法が向いています。3カップ以上の大きさでも一回の手術で見違えるような大きさを手に入れることができるので、胸が小さいという悩みを抱えている人は劇的な変化で明るい自分を取り戻すことができます。けれども、シリコンバッグはレントゲン撮影に影が入ってしまうことになるので他の人に分かってしまい、仲間にも急激な見た目の変化から違和感を持たれてしまうことになります。
脂肪注入では、特別に大きくすることはできないものの、自然な美しさという面では優れています。授乳や加齢によってしぼんでしまったり垂れてしまったという胸も、デコルテラインから若々しいハリを出すことができ、他の人にも気づかれることがありません。